風と太陽と水と野菜と害虫と

こんにちは


月刊 家庭菜園の友 編集部の河口です。


(ありそうですよね。ないですけど…)


 


毎年、何かしらを育てている


自宅の家庭菜園をご紹介します。


まず定番のミニトマト。


k11


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


キャロルという品種ですね。


ファンキーモンキーベイビーなヤツではなく、普通のミニトマトです。


 


こちらも定番のナス、ピーマン、キュウリ


k14k15


k09


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ピーマンによ〜く似ているシシトウ。


k10


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


初挑戦の大葉、ズッキーニ。


k16k17


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


なんかズッキーニは化け物チック。


大葉は割と虫に食われます。


 


種から育てたつるありインゲン。


k18


 


 


 


 


 


 


 


 


 


時期が遅かったので、まだつるが出ていません。


夏には食えるのか!?


 


最後に毎年勝手に実がなってくれるブルーベリー、イチゴ。


k12k13


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イチゴは赤くなると、一夜にして虫に食われます。


害虫なんていなくなればいいのに…


 


数年前は家庭菜園って、お年を召された方の趣味かと思っていましたが、


純粋に楽しい。


手をかければかけるほどカワイイもんです。


自分で作ればどんな形でも美味いんですよね。


 


写真で並べてみると、けっこうな種類を育ててますね。


過去の自分が知ったら「お前なんの人だよ!?」って言いそう。


 


いや〜ほんと害虫なんていなくなればいいのに…

kawaguchi
グラフィックデザイナー
1984年生まれ。最北の街、稚内市出身。2人の娘の父。
家庭菜園、海釣り、キャンプが好き。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す