長年の間違い

年々、ろれつが回らず、自分の声のボリュームの調節も

できなくなってきた及川です。


仕事をする中で調べものをする機会がよくあるのですが、

当初の目的からそれて思いがけない事を知ることもしばしば……。

最近は、ある言い回しが正しいのかどうか調べているうちに「日本語のよくある誤用」という

まとめに行き当たりまして、そこで自分の長年の勘違いを知って驚いたのでした。


それは、「爆笑」ということば。

私はこれまで、勢いよく笑うことが爆笑だと思っていました。

んが、爆笑とは「大勢の人が一度にどっと笑うこと。」(大辞林 第三版)なのですね。

つまり、「昨日、あの番組見て家で一人なのに爆笑しちゃって〜」とか

言うのは間違いなのですね。


さらに私、「失笑」も勘違いしていました。

寒いギャグなどを聞いたときに「ヘッ」「ハッ」という感じで

冷ややかな態度を取ることかと思っていたのですが

「おかしさをこらえることができず吹き出すこと。」(大辞林 第三版)なのですね。


こんな身近に感じていた言葉をずっと間違って使っていたなんて〜と、かなりショックでした。

でも、前向きに考えれば、大人になってもまだまだ勉強の機会はある!

正しい日本語だって知っていける!知識は増やせる!ということだと……思いたい……。


最後に、皆さんは「雨模様」ってどんな風に使っていますか?

私は「今、外は雨模様」というように、

現在起こっている状況を指すものとして使っていたのですが

本来は「雨の降りそうな空の様子。」(goo国語辞書)だそうです。

次に雨が降りそうなときは、正しく使ってみるぞ、と決意するものの

最近記憶力も落ち続けているので、これも忘れるんだろうな、と思う今日この頃です。


 

oikawa
コピーライター

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す